岡山バンビトレーニングジムです。女性が痩せたいと思う部位でもっも多いのが「下半身」です。このブログをお読みの方の中にもダイエットして体重は落ちたけど、お尻や脚の太さがあまり変わらない」という方も多いのではないでしょうか?

特に女性の場合、下半身が痩せにくい方が多いようです。なぜ女性の場合、下半身が痩せにくいのでしょうか?色々と理由はあります。

先天的に筋肉の付き方や脂肪の付き方など、個人差はありますが

■1.下半身が痩せにくい理由

●#1-1部分痩せはカラダの仕組みから考えると起こりえない

部分痩せのようにカラダの一部だけ脂肪が落ちるという事は脂肪吸引を除いて起こりえません。全身の脂肪が落ちる過程で気になる部位(脚や腕、お腹など)の脂肪が落ちていきます。

●#1-2部分的に細くする方法

それには以下の二つしかありません。

  1. ムクミを取るムクミが全身に起きて膨れて見えている状態をマッサージなどで解消する方法。この方法はたまにエステなのでマッサージを受けるなどの頻度では解消されません。自宅で毎日セルフケアをしてあげることが必要になります。また、ムクミ解消のために食事(特に塩分)を改善するとより効果的になります。
  2. 筋力を上げて引き締める気になる部位の筋力を上げる事で引き締めることが出来ます。ボディメイクと言う方法です。ボディメイクのコツは気になる部位だけトレーニングしていても効果が薄いので全身のトレーニングを行いつつ、部位ごとのトレーンニングをしてあげるとより効果的になります。

■2.部分的にシェイプするためのセルフチェック(当てはまる方は取り組んでみましょう)

☑1.筋力が弱い

筋力が弱いとカラダが弛んでしまいます。また代謝が低くなる多ため太りやすい傾向もあります。女性は特に筋肉量が少ないため筋力の改善は多くの女性にとって効果が期待できると思います。

☑2.体液の循環が悪い(浮腫んでいる)

デスクワークや運動不足の方に多いのが、脚が浮腫むという悩みです。こういった方の場合、血液や体液(リンパ)の流れが悪くなっているために、浮腫んでしまっているのです。

血液は酸素や栄養素を身体中の細胞に送り届け、そして老廃物などの捨てるものを運んでいるのです。なので、血液の流れが悪くなると老廃物が体に蓄積されて代謝が悪くなってしまい、ムクミやすいカラダになるのです。

特に下半身は血の流れが悪くなりやすい部分なので、下半身太りが起きてしまいます。

☑3.骨盤の広がり

現代人は昔の人に比べると歩くことが少なくなっています。また仕事もデスクワークが多くなり、骨盤周りの筋肉が弱くなってきます。すると骨盤は筋肉によって支えられなくなり、広がっていってしまいます。

骨盤が広がると内臓が下って、骨盤内の血液の流れが悪くなります。すると下半身への血流が悪くなって代謝が下がり、下半身が太く見えてしまいます。

ここからは下半身を細くするためのエクササイズを紹介します。エクササイズを行うと筋力アップとムクミの改善にも繋がるので効果的です。

■3.ヒップエクステンション

下半身でも特に大きい筋肉が殿筋(お尻の筋肉)です。

この殿筋を鍛えることで代謝が上がって痩せやすくなり、さらにお尻の引き締め、ヒップアップにも効果があります。

●#3-1トレーニング方法

  1. 横を向いて寝転がります。下の足は軽く曲げて体を安定させ、上の足はまっすぐ伸ばします。
  2. 上に置いた脚を、息を吐きながら1秒で上げます。一息ついて、息を吸いながら2秒かけて足を下ろします。
  3. これを左右10回行います。注意点は、つま先を常に前に向けて、踵から上げるイメージで行って下さい。
    さらに鍛えたい場合は、上げ下ろしの時間を長くして行うと効果が上がります。

●#3-2鍛えられる筋肉と効果

このヒップアブダクションでは、中殿筋と小殿筋が鍛えられます。殿筋のエクササイズにスクワットがありますが、スクワットでは主に大殿筋が鍛えられるので、この中殿筋、小殿筋は鍛えることが難しいのです。この中殿筋、小殿筋を鍛えると代謝が上がり、ヒップアップ効果もあります。

■4.カーフレイズ

カーフレイズ(つま先立ちエクササイズ)は、いつでも手軽にできる運動です。つま先立ちをするとふくらはぎの筋肉が鍛えられます。普段あまり意識しない筋肉ですが、この腓腹筋を鍛えると血流が良くなります。

●#4-1トレーニング方法

  1. 壁の方を向き、肩幅くらいに手を壁につきます。足は腰幅くらいに軽く広げて下さい。
  2. ゆっくりとつま先立ちになります。この時目一杯まで踵を上げて下さい。
  3. 目一杯あげたら5秒間キープし、ゆっくりと下ろします。下ろす時は、踵が床につかないように、軽く浮かせたままにして下さい。これを10回1セット行って下さい。

●#4-2鍛えられる筋肉と効果

このトレーニングでは下腿三頭筋(腓腹筋とヒラメ筋)というふくらはぎの筋肉が鍛えられます。この筋肉は第二の心臓と言われ、血液の循環を良くして代謝を上げる効果があります。下腿三頭筋が鍛えられると、足首のくびれができたり、むくみ・冷え性が改善します。

いかがでしょうか?

下半身の太さは多くの女性が悩稀ています。どれも簡単にできるのもですので、1日1セットでもいいですから、できるだけ毎日続けてキレイで健康な体にリセットしましょう!

合言葉はトレーニングは頑張った分裏切らない!!です。

岡山 ダイエット