食べていない

今回は当院でも相談内容で多い「そんなに食べていないのに痩せない」という事が起こりうるのかについて考えていきたいと思います。

注意:本題に入る前に「食べていない」という事は感覚的な要素が非常に強くなりますので、その点を踏まえてお読みください。また、ここページで上げるデータは推定であるという事もお伝えしておきます。

■1.カロリーという指標で考えてみる

食事指導をさせて頂く場合にはダイエットを開始する前に一度それまでの食事を簡易記録して持ってきて頂きますが、標準体重よりも10㎏近く体重が多い方でも推定摂取カロリーが1,000~1,300kclという方も珍しくありません。中にはダイエットを意識せずに普通に生活を送っている状態で、この摂取カロリーで日々過ごされている方もいらっしゃいます。

「一日1,000kcl以下の食事でも体重が動かない」というご相談も少なくありません。

この状態でダイエットを進める事も可能ですが、一度代謝を体重が増量しない程度に上げる事をオススメいたします。

ダイエットの鉄則:摂取カロリー<消費カロリーを成立させるには、どうやら少しコツが必要なようです。

現在ネットで「代謝計算」「基礎代謝」などと検索すると簡易に計測できるサイトが沢山出てきます。標準体重よりも10㎏近く体重がオーバーしている状態で1,000~1,300kclで生活していると減量が良いペースで進むはずですが、そう計算通りにはいかないのがダイエットの難しいところです。

上記のようなサイトを否定するつもりはありません。あくまでの参考値であることも忘れないようにして頂き、カラダに適した食事で進めて下さい。

*このブログを書いているのは岡山市でダイエット・パーソナルトレーニング指導をしているバンビ整体院です。

■2.代謝という指標で考えてみる

「代謝が落ちる」という事を聞いた事があると思いますが、ここでは代謝について説明していきます。代謝の種類は大きく分けて3つあります。

  1. 基礎代謝約60%:動かなくても消費するエネルギーのこと
  2. 活動代謝約30%:カラダを動かして消費するエネルギ―のこと(仕事、家事、運動などなど)
  3. 食事誘発生熱産生約10%:摂食する事で起きる消費エネルギーのこと(簡単に説明すると消化、吸収する過程で起きます)

赤字で書いている数値がそれぞれの代謝が占める割合になります。割合だけでみるとダイエットにおいては約60%を占める基礎代謝が重要な項目になっていますね。

●#2-1基礎代謝という指標でさらに深堀シンキング!!

除脂肪体重や普段の生活レベルなどで、非常に差が出る項目になります。

  1. 脳:約20%
  2. 内臓:約60%
  3. 筋肉:約20%

代謝の約60%を基礎代謝が占めて、基礎代謝の約60%を内臓が占めています。基礎代謝を上げるために内臓を鍛える事は出来るのかというと、鍛えるというよりも「使って活性化させる」事は出来るのではないかと思います。

基礎代謝という指標で考えると、しっかりと食事を摂り内臓を活性化させているという事は非常に重要な事になりそうです。「食べていないのに痩せない」という方は基礎代謝の内臓レベルの代謝が下がっている可能性が考えられます。

このままでも減量する事は可能ですが、何かしらの方法で消費エネルギーを上げなければいけませんので、取り組む前に現実的な方法なのかについてしっかりと考えましょう。

■3.標準体重よりも8kgオーバーの目標体重マイナス10kg「食べていないのに痩せない」A子さんのカラダに起きている事を推測してみる

*ここで登場するA子さんは実在する方ではありません。

お仕事で生活が不規則なA子さんは、休息や遊びを優先して一日一食~二食になる事も珍しくありません。時には飲み会や友人とのランチなどでドカ食いする事もあります。とはいえ、体型が気になるので「食べ過ぎない」と注意しているという状態がかれこれ一年以上も続いています。

一年以上「痩せたい」という事で食事には気を付けているA子さんですが、一向に体重に変化は出てきません。「そんなに食べていないのにな」と本気で悩みはじめました。

本気で悩み始めたA子さんは感覚で食事を改善するのではなく基礎代謝を計測できるサイトで算出した「数値よりもを下回る摂取カロリーにすれば痩せるはず」と必要項目を計算したところ、基礎代謝約1400kclと出てきました。

一日の摂取カロリーを約1400kclで生活すると計算上ではこれで減量していくはずですが、2週間経過しても体重に変化が出てきません。

「おかしいな?」と思いつつも摂取カロリーをドンドン下げていき、1,200kclでようやく体重が動きだしました。そこでふとA子さんは「この調子で10㎏痩せる事が出来るのかしら?」と思い再び悩み始めました。

 

ダイエットに関する情報をネットで収集して色々なダイエットを繰り返したりして、代謝が下がっている方は少なくないように感じます。A子さんのような状態の方は目新しい情報を探すのではなく、基本に返って現在分かっている事を守りダイエットを行っていく事で、ダイエットが好転する可能性もあります。

その為には、目標設定と自分のカラダの状態を知ることが重要になります。以下の記事はダイエット開始前に読んで欲しい内容になりますのでよろしければお読みください。

何度もダイエットを繰り返している人に知って欲しい注意点まとめ

運動も食事も頑張っているのに痩せないという方へ

■4.まとめ

「食べていない」という感覚は個人差が出る事でもありますが、様々なサイトで計測できる基礎代謝の数値よりも低い摂取エネルギーでも痩せない状態はありえると言っても良いと思います。

とはいえ、体重が落ちないという事は摂取エネルギーよりも消費エネルギーの状態が低い状態なのは間違いありません。ここで考えなければいけない事は摂取エネルギーを下げるのか、消費エネルギ―を上げるのか、はたまた両方なのかを再考する必要が出てきます。

いつものごとくですが、ダイエット成功の秘訣は「正しい目標設定と継続できる方法を選ぶ」であるなとここまで書いて感じております。

 

岡山 ダイエット