代謝が落ちた

過去に「無茶なダイエットを繰り返した」や「出産後に2人目から体重が落ちない」などのように「あまり食べていないのに痩せない」という相談をよく受けます。実際に十分な食事を摂っていなくても体重がなかなか落ちないことはあります。

そんな時にはどうすれば良いのかついて対処方法と考え方について説明していきたいと思います。

バンビ整体は【岡山】産後の骨盤矯正も行っております。

関連ブログ:食べていないのに痩せない時の理由と対処法

関連ブログ:ダイエット期間の正解は?停滞期と共に

1.「食べていないのに痩せない」と悩む前に一度状態を把握しよう

「食べていないのに痩せない」という事も実際にあるのですが、その前に一度現在どれくらいの摂取カロリーがあるのか把握してみましょう。もしかすると実際の食事内容はあなたが想像しているよりも食べている可能性があります。

「思っていたよりも食べてた~」という事も少なくありません。食べ過ぎている場合にはコントルールする必要があります。

とならないように、一度摂取カロリーを把握しましょう。これは本当に重要です。実際にカロリー計算を行い、一日のカロリーが1000kcl~1200kclなどの場合にオススメ出来ない方法は、今以上に摂取カロリー数を落とす事です。

●#1-2「食べたら太る」という思い込みを捨てる

ダイエットを成功させるためには「痩せる」にカラダが対応できる状態を目指すことが重要になります。カラダが痩せる状態に対応できるようになると多くの方がイメージしているよりも食事を摂って体重を落としていく事が出来ます。現在↓こういった方は要注意です。

  1. 一日一食
  2. 三食野菜やたんぱく質が中心

↑のような食事を長期間続けて体重が増えるまたは落ちないとなったら、現在カラダが体重落ちないモードに突入している可能性が濃厚です。この理由は恐らく、食事の回数や量を下げ過ぎると代謝が落ちてしまうからです。

一定ラインまでは食事を抑える事で体重は落ちていきますが、過度の食事制限の場合には代謝が落ちてしまい体重が落ち無くなってしましまいます。この時のカラダの状態は

「これ以上エネルギーが不足するとヤバいよ!ヤバいよ!」

となり、少しでもエネルギー消費を抑えようとします。この状態になると中々体重が落ち無くなり焦ってダイエットをやめてしまう方が少なくありません。

バンビ整体院サイトトップはこちら

2.カロリー計算をしたその後は

一度カロリー計算を行い一日のカロリー数が1000kcl~1200kclなどのようになった場合に、まずやって欲しいことは一日のカロリー数はそのままで食事の回数を増やしましょう。

本来はもっとカロリー数を摂っていても体重は減少していきますが、代謝が下がっている状態でカロリー数を増やすと一時的に体重が増えてしまうので、心配になる方も少なくないでしょう。

食事の回数を増やすことで少しずつ代謝が上がって体重に変化が出てくると思います。その後は少しずつ食べる用を増やしていきましょう。食べる用を増やしていく事で代謝が下がるのを最小限に抑えながら体重を落としていく子音が出来ます。安心して下さい。

後は運動(主に筋トレ)を併用して頂ければ、キレイに痩せる事が出来ると思います。

 

3.少し厳しいですが心得ておいて欲しいこと

  1. 食事の回数を増やす
  2. カロリー計算を行う
  3. 運動(主に)を行う

過度な食事制限により体重が落ち無くなってしまった方は↑のような面倒な事が必要になります。またもう一つ心得ておいてほしいことは上記の事を続けても体重が動き出すのに2~3ヵ月掛る方もいらっしぃます。

2~3ヵ月は↑の内容を続けても中々体重が動きません。そんな時には焦らずに「今は痩せるための準備期間」という感じで考えて頂きたいと思います。

厳しいことを言いますと、これまでの無茶なダイエットなどが原因で今があります。これまでのつけががあるのでそれを挽回するまでに少し時間が掛ります。

シッカリと取り組めばカラダが元に戻り体重が動き出します。それまで辛抱強く焦らずに頑張りましょう。

解決策はきっとある!!ダイエットに焦りは禁物です。

 

岡山 ダイエット