ダイエット中には食事や運動を併用して日々日々頑張られている皆様ご苦労様です。とは言うものの筋トレをするモチベーションが上がらない日もあるでしょう。当店にお越しのお客様の中にもモチベーションが時期によって下がってしまう方はもちろんいらっしゃいます。

さて、そんな時にはどう対応するとモチベーションを上げて再び頑張れるのでしょうか。私的な経験則のお話になりますが、モチベーションが下がった時の対象法についてまとめて行きます。

*このブログを書いているのは岡山市でダイエット・パーソナルトレーニング指導をしているバンビ整体院です。

■1.意図的にモチベーションを上げる事は難しいと知る

ダイエット以外(仕事、家事など)でもモチベーションが影響する事は沢山ありますが、経験則では下がってしまったモチベーションを上げる事は非常に難しいと思います。本を読んだり、人から刺激を受ける事で瞬間的に下がったモチベーションが上げる事は可能かもしれませんが、高いまま維持する事はなかなかどうして難しいのではないでしょうか。

  • 筋トレやらないといけないのは分かっているが・・・

そんな時は下がってしまったモチベーションは意図的に上げることは難しいと考えると少し楽になるのではないでしょうか。とはいえ、この状況を乗り越えなければいけません。

■2.完全に辞めないようにしておく

健康面や生活面で筋トレを行えない場合は中断する事も致し方ありませんがモチベーションだけが問題の場合は、完全に筋トレを中止する事は避けましょう。完全に中止してしまうと再開するのが非常に難しくなるように感じます。

何とか軽度、短時間のトレーニングでも構いませんので続けていくようにしましょう。続けてさえいれば何かの切っ掛けでモチベーションが上がり、本格的にトレーニングが再開できる日が来ると思います。

■3.モチベーションが上がらない時はやらなければいけない環境を作ろう

モチベーションが下がっている時の具体的な対処方法はやらなければいけない環境を作り、やらざるを得ない環境を作ることをオススメいたします。

  • 自宅でのトレーニングが難しければ、とりあえずジムに行く
  • ジムに行ってもやる気が起きなければ、友人とトレーニングを行う
  • 友人の確保が難しければパーソナルトレーナーを付ける

肉体改造には継続力が重要になります。どんなノウハウも実践しなければ効果を得ることは出来ません。ジムやパーソナルトレーナーなどにお金を使うという事は環境や知識を買うという意味で有効ではないでしょうか。意思の力に頼ろうとすると途端に継続が難しくなるので、モチベーションが上がらなくてもやらなければいけない環境を作ってみて下さい。

どんなに大金を積んでもあなたがカラダを動かさなければ筋肉を得ることは出来ない byバンビ整体院

さあ、皆さん頑張りましょう。

継続力・継続力・継続力!!!

 

岡山 ダイエット