冷やす

炭水化物=太る

このイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

正解でもないですし、間違いでもないです。分かりやすく簡単にをモットーにしていますので、小難しいことは抜きで説明していきます。

■炭水化物を全て抜いた食事は結構シンドイ

ダイエット成功の秘訣は「ストレスを最小限に抑える」ことだと思います。効率よくダイエットする方法はたくさんあるのですが、どれも続かなければ意味がないですよね?

「ダイエットする」という切り替えはやはり重要です。

話を戻して、なぜ炭水化物を冷やして摂るのがいいか?になります。

■ポイントはレジスタントスターチ

かなり簡単に書きます。

加熱した炭水化物は、消化吸収されやすく、体内に蓄積されやすい。
冷えた炭水化物は、吸収されにくく、体外に排出されやすい。
暖かい状態の炭水化物(糖質)は同じ量を食べても太りやすくなります。今回はこれを少しでもいいので意識して取り入れて頂ければ、幸いです。

■デメリットもあり

「そうか、炭水化物(糖質)は冷やして食べるといいのね?」

じゃあ、全て冷やして食べましょう。と出来ればいいのですが、いかんせん暖かい食べ物を冷やして食べると不味い。

これは大きなデメリットだと思います。

ということで、どうしても炭水化物を食べたい人にポイントを一つ

冷めても美味しい炭水化物(糖質)を食事の中に増やす。

例えば、暖かい白ご飯の量を減らしてポテトサラダを増やしたり。

冷麺などを食事に取り入れたり。

ダイエット成功の秘訣は継続できる方法ですね。

でも、食べすぎは注意ですよ!!念のため

岡山 ダイエット