ダイエット中にプロテインを摂取されている方も多いと思いますが、そんな中でもプロテインについて間違った知識をお持ちの方がいらっしゃいますので、しっかりと理解したうえでプロテインをダイエット中に利用して下さい。

という事でよくあるプロテインについてまとめていきます。

■1.プロテインを飲むだけでは痩せません

プロテインとは簡単に説明するとたんぱく質になります。プロテインにもカロリーがあるので、現状の生活にそのままプロテインを足せばカロリーがプラスされて体重が増加する可能性が非常に高くなります。

プロテイン摂取の目的はたんぱく質を効率よく摂取する事になります。そう考えると「たんぱく質を摂取して痩せるのか?」というとそれはありえません。ダイエット中は栄養不足になりがちで中でもたんぱく質は不足する傾向があります。その際にプロテインで不足しているたんぱく質を補給する目的で摂取して下さい。

人のカラダはアミノ酸で出来ているのでダイエット中にアミノ酸で構成されているたんぱく質が不足すると代謝が下がり、体重減少が停滞する事も少なくありません。代謝を維持するためにトレーニングとプロテインの摂取を検討してみても良いかと思います。

■2.プロテインを飲んでも筋肉ムキムキにはなりません

プロテインでタンパク質を効率よく摂取することが出来ます。筋肉量を効率よく増やすためにはたんぱく質が必要になり、トレーニングと組み合わせることで効果が期待できます。

トレーニング+プロテイン=効果を発揮

残念ながらたんぱく質であるプロテインを摂取するだけでは筋肉量を上げたり筋力を上げることは出来ません。筋肉に負荷を与えて筋肉の栄養の元であるたんぱく質を摂取する事ではじめて筋肉に貢献することが出来ます。という事で皆さんトレーニングに励みましょう。

■3.あくまでもプロテインは栄養補助食品である

ダイエット中には食事を管理するためどうしても栄養不足になりがちです。カラダは栄養不足になると代謝が下がる機能を持っているので栄養不足に陥って停滞期を迎える方も少なくないと思います。

カラダは様々な栄養素により機能を保つことが出来ているので、ダイエット中に偏った食事制限により停滞期に突入しないようにダイエット中だからこそバランスの良い食事を心がけましょう。

食事を極限まで絞る「食べないダイエット」も体重は落ちますが、その生活をやめた時に体重が戻っていくという事に繋がります。

ダイエットを開始する前に「痩せた時に維持できるのか?」を考えてダイエットに取り組まれるといいかと思います。

■4.プロテイン摂取の目的まとめ

●#4-1たんぱく質のみを摂り脂肪は摂りたくないケース

食品でたんぱく質を摂ろうとするとたんぱく質以外の脂肪なども一緒に摂取する事になります。たんぱく質のみを効率よく摂取するためにプロテインを利用するとダイエット中にも効果的でしょう。

●#4-2たんぱく質の吸収率を早めたい

トレーニングをされている方はトレーニング直後に素早くたんぱく質を補給するために、プロテインを利用すると良いでしょう。食品ではたんぱく質を摂るとアミノ酸に分解する時間が必要ですが、プロテインを利用すると分解する時間を短縮することが出来効率よく筋肉に栄養を与えることが出来ます。

●#4-3食事の回数を増やす目的で気軽に栄養補給を行う

ダイエット中は代謝を落とさないために食事の回数を増やすことが有効ですが、現実的には一日3食以上の食事を摂ることが難しい方も多いことでしょう。そこで間食としてプロテインでカロリーとたんぱく質を摂取する事で常に代謝を高い状態が維持できます。

プロテインなどの各種食品を利用する場合にはしっかりと意味を理解したうえで利用する事が重要です。

岡山 ダイエット