18dd632569f52a706696d829b4b08df1_s

バンビ整体院です。本日、お客様との会話の中で思わず笑ってしまった一言を紹介さえて頂きます。

本日のお客様
「クリーム塗って痩せるなら、私頑張ってないし!!」

本日のお客様
「本当にあるなら、誰もダイエットしないよ」
バンビ
とりあえず、今日も頑張りましょうか。www

■1.クリームを塗るだけで痩せる、脂肪燃焼効果のあるクリームって?

「脂肪燃焼クリーム」で検索して頂くと、まぶた、顔、脚用などの商品が出てきます。まずは、大前提として脂肪をクリームで減らすことは出来ないという事で話を進めて行きます。

脂肪除去のために脂肪吸引手術を大金と身体的なリスクを負って行う方がいらっしゃる中で、クリームで脂肪燃焼し減らすことが出来れば誰も、手術を受けません。ましてや、数千円~数万円程度のクリームで出来るとはどうあっても考えにくいです、

医療は日進月歩で進化していきますが、クリームでの脂肪減少はまだまだ先になるでしょう。本当にこのクリームを開発出来たら、ノーベル賞レベルの発見ではないでしょうか。

|なぜ、サイズダウンするのか?

クリームなどの販売時には「○○cmサイズダウン!!」何て表現がありますが、これが起こる仕組みはシンプルで人のカラダは60%前後が水分で出来ています。女性は男性に比べて脂肪が多いため、水分量も少ないですがよくあるムクミが、一時的なサイズダウンの要因となります。移動した水分は、性質上時間がたてば元の場所に戻るので、継続的なサイズダウンは望めません。

身体の各組織に含まれる水の割合を見てみると、血液の90%、脳も80%が水です。さらに、皮膚や筋肉が70~80%が水なのに対し、脂肪組織に含まれる水の割合は10~30%程度とかなり低くなっています からだの水分量と分布さんより引用

のように、脂肪組織の中の水分量は他の組織に比べて水分量が少なくなっています。水分が移動するだけで、脂肪組織の中から水分が抜けるわけでもありません。

ムクミは時々マッサージするだけでは改善されにくいもので、病院などで浮腫(ムクミ)などを改善する場合には、リンパドレナージと言われ専門的な方が頻繁に処置をされます。「今日は浮腫んでいるな」と感じた時に処置するだけではムクミの改善は難しいと言えます。

■まとめ

一時的にムクミが改善する事と、脂肪が減少する事は全く別の話になりますので、マッサージなどの施術後にサイズダウンするのは当たり前の減少なのでクリームの効果とは全く別の話になります。

脂肪を減らすには、今のところ適正に食事を改善するという方法が残念ながら効果的になります。www

脂肪を減らすことの出来るクリームが出来れば、肥満による関連病も減少するので、出来る事を祈りつつ明日もダイエット指導を行っていきます。

岡山 ダイエット