岡山ダイエットジム

岡山のバンビ整体院です。今回はダイエット中にスポーツジムで行う運動を効果的に行う方法を説明していきます。ダイエットには「運動が必要」良く聞くと思いますが、半分正解で半分不正解という感じです。

食事と運動を正しいタイミングと内容で行わないと、せっかく頑張っても成果に繋がりにくくなります。という事でダイエット中にジムで行う運動についてになります。

そもそもジムで運動は何のために行うのか?

ダイエット中にジムに通われる方も多いと思いますが、ダイエット中の運動を効果的に行うためには食事と運動のダイエットに及ぼす効果を知っておく必要があります。

ダイエット=食事7割+無酸素運動2割+有酸素運動1割をイメージしてもらうと分かり易いと思います。ジムでの運動だけで痩せることは週に1~2回ジムに通って2~3時間の運動量では痩せる事は困難です。

関連:運動で痩せる?

●#1食事の役割:7割

体重を落としていくためには食事生活の改善は必須になります。食生活を見直しジムに通う事ではじめて体重の減少が起きてくると思います。よくあるパターンでジムでの運動が増えたことにより食事の量が増えてしまい体重が増加してしまう事があります。これは要注意です。

トホホのパターンです!!

●#2無酸素運動(筋トレ)の役割:2割

体重が減少する際にはカラダのメカニズム上、脂肪よりも筋肉の方が落ちてしまいます。折角体重が落ちたものの筋肉も落ちてしまい、たるんだカラダなってしまいます。キレイに痩せるためには、体重の減少と共にどうやって筋肉を維持していくかが重要になります。

ダイエット中に行うジムでの運動は筋力トレーニングをメインで行いましょう。そうする事で引き締まった状態でキレイに痩せることが出来ると思います。

●#3有酸素運動:1割

上記でも書きましたが有酸素運動(ウォーキング、水泳、エアロビクス、エアロバイク)の消費カロリーは非常に低いものになります。ではダイエット中に有酸素運動が全く必要ないかというとそうでもありません。

 

ジムでの運動を効果的に行うためには

ここまでのように運動=痩せるというイメージは忘れてもらい、何のために運動をするのかを目的をはっきりとしましょう。食事と無酸素運動、有酸素運動を効果的に行い、それぞれの効果を引き出しましょう。

まずは

  1. 食生活を見直す
  2. ジムで筋トレを行う
  3. 筋トレ後に有酸素運動を行う

↑の順で行う事でそれぞれの効果を最大限に引き出すことが可能になります。高い負荷で無酸素運動(筋トレ)を行うと脂肪燃焼効果が高まります。有酸素運動は無酸素運動(筋トレ)で高まった脂肪燃焼時間を伸ばす効果があります。いきなり有酸素運動を行うと脂肪燃焼までに非常に時間が掛ります。

【本日のまとめ】

一気に無酸素運動で脂肪燃焼を高めて、有酸素運動で脂肪燃焼を時間を伸ばす。そうする事で最大限の効果を引き出すことが出来ます。正しくダイエットを行いキレイに痩せましょう。

岡山 ダイエット