痩せにくいダイエット

今回は体重が増えたり減ったりを繰り返されている方へ、そしてこれからダイエットをしようかなという方のための内容になっています。

美容的な目的でダイエットをされる方が大半ですが、一つ注意が必要です。これまでダイエットのカウンセリングをしていても多々いらっしゃったのですが、決意してダイエットするもののダイエット期間の三分の一の期間でリバウンドしてしまった方々がいらっしゃいました。

体重と風船の話

カラダには脂肪細胞というものがあります。この脂肪細胞というものがクセモノです。

分かりやすいイメージで言うと、脂肪細胞=風船のイメージでどうでしょうか?この脂肪細胞が大きくなったり小さくなったり、増えたり減ったりで体重が変化することがほとんどです。

リバウンドや太りにくい体質にするためにはこの脂肪細胞を増やさないということがとっても大切です。

体重を増やしたり、減らしたりを繰り返すと下記のような感じにカラダがなります。(そりゃドンドン痩せにくくなるのも納得いきますね)

  • 体重が減ったとき、脂肪細胞の数はそのままで脂肪細胞が小さくなります。
  • 体重が増えるときには脂肪細胞の大きさはそのままで脂肪細胞の数が増えます。

簡単に説明するとこんな感じです。ダイエットをしてリバウンドを繰り返すと脂肪細胞の数がドンドン増えていき痩せにくいカラダが出来上がります。ちなみに脂肪細胞が増えると恐ろしいことにドンドン食欲が増していきます。脂肪細胞(風船)が「栄養おくれ!!」と欲してきます。

ダイエット失敗あるある

一時的にダイエットを頑張り、体重が減ったものの(脂肪細胞が小さくなっただけ)でリバウンドで脂肪細胞を増やしてしまいあっという間に元通り。それどころか太りやすい体質に!!

脂肪細胞を増やさないためのダイエット方法

これは当たり前の話になりますが、リバウンド対策期間を見据えてダイエットをすることです。

多くの方がダイエットをして目標体重を達成すると「目標達成で、やった~」で終わってしまいます。これは厳禁です。

目標値に達成した後のリバウンド対策期間を見据えてダイエットをしましょう。

カラダに負担そして痩せにくく太りやすいカラダにならないためには、長期的なプランでダイエットをすることがとっても大切です。

脂肪細胞の残念な事実

脂肪細胞の減らし方で検索していただけると分かりますが、現在では脂肪細胞を減らす方法は脂肪吸引手術しかありません。

  • クリームを塗ったり
  • 機械を肌の上から当てたり
  • サプリメントを飲んだり

このような感じの方法は科学的な根拠はなく、全くもって脂肪細胞は減りません。(悪質な場合、行政指導が入っています。)成長期に大半の脂肪細胞の数は決定します。もしくは生まれ持った体質など。

それ以外に増える方法は、体重を増やしたり減らしたりを繰り返すことになります。(脂肪細胞を一時的に小さくしただけで、その後脂肪細胞を増やす)

まとめますと

  1. 脂肪細胞が増えると、痩せにくく太りやすい体質に。
  2. 一時的に痩せるなら、それもありか?(後々とっても苦労することになりますが・・・)
  3. リバウンド対策期間も含めてダイエットすることがポイント。
  4. 一度増えた脂肪細胞は二度と元に戻らない。コワイデスネ~

今後のことも考えてダイエットをしないと、後からとっても苦労することになりますので、安易なダイエットは要注意です。脂肪細胞に過敏になりすぎるのも考え物ですが、「痩せればいっか」のダイエットもいかがなものか・・・

いつもの営業になりますが「ダイエットどうすればいいの?」という方はご相談にのりますのでお気軽に。エステのような鬼の売り込みはございませんのでご安心を。笑

岡山 ダイエット